ドロリッチ生産終了は必然か 消費者離れの要因は「ステルス性」?

J-CASTニュース / 2019年2月22日 20時24分

江崎グリコのデザート飲料「ドロリッチ」が、2019年3月に生産を終了する。発売当初は「チルドカップ飲料の異端児」と呼ばれ革新性が高く評価されたが、人気は続かず。専門家は下火となった理由を「ステルス性」にあると見る。 売り上げのピークは2009年 07年10月に「新感覚の飲むスイーツ」とのコンセプトで発売されたドロリッチ。飽和気味だったチルドカップ飲料市場で「デザートスイーツ」という新たな需要を生み出し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング