大学生内定率、最高の91・9%…8年連続改善

読売新聞 / 2019年3月18日 18時58分

今春卒業予定で就職を希望する大学生のうち、内定が決まった人の割合を示す就職内定率(2月1日現在)は前年同期を0・7ポイント上回る91・9%となったことが18日、文部科学、厚生労働両省の調査でわかった。 景気の回復基調を背景に、2月1日現在の内定率は8年連続で改善し、比較可能な2000年以降では最高となった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング