サイクロン被害、州都一帯「9割が破壊された」

読売新聞 / 2019年3月19日 18時31分

【ヨハネスブルク=木村達矢】AFP通信などによると、アフリカ南部モザンビークのニュシ大統領は18日、14日に直撃した大型のサイクロンの被害状況について、「死者は1000人を超える可能性がある」と国民向けの演説で発表した。国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)は、中部ソファラ州の州都ベイラ一帯では「9割が破壊された」との声明を出した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング