旧ソ連から実権、カザフ大統領がTVで辞任表明

読売新聞 / 2019年3月19日 22時31分

【モスクワ=畑武尊】タス通信によると、中央アジア・カザフスタンのナザルバエフ大統領(78)は19日、テレビ演説し、辞任を表明した。ナザルバエフ氏は旧ソ連時代から30年近くにわたり、カザフの実権を握ってきた。憲法の規定に従って、大統領の任期が切れる来年春までは、上院議長が大統領代行を務めるという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング