少年院教官が少年について不適切投稿、処分検討

読売新聞 / 2019年3月20日 21時53分

関西地方の少年院に勤務していた男性法務教官が今年1月、ツイッターで少年院に入所する少年について不適切な投稿をしていたことがわかった。過去には中国人らに対する差別的な投稿もあった。法務省は、公務員の信用を失墜させるおそれがあるとして、処分を検討している。 同省によると、男性教官は1月26日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング