拘束邦人は九大職員か…エクアドル標本持ち出し

読売新聞 / 2019年3月21日 0時52分

南米エクアドルで昆虫などの標本を国外に持ち出そうとしたとして拘束された日本人男性について、九州大学は20日、同大職員の可能性があることを明らかにした。現地の日本大使館や関係者への確認作業を続けている。 九大によると、同大の演習林(北海道足寄町)で働く20歳代の技術職員で、地元紙で報じられた男性と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング