「焼けた肌は汚い」だけではない 炎上の美ST特集、専門家が見た「問題点」

J-CASTニュース / 2019年3月20日 13時26分

光文社の女性誌『美ST』の特集に「過剰で不適切な表現」があったとして、同社が2019年3月18日、公式サイトで謝罪した。 3月17日に発売された『美ST』5月号をめぐっては、SNS上で疑問視する声が寄せられていた。「リゾートでもダサいよ!日本の恥だよ」 5月号では、「イエベもブルベもシミは全部とってトーンアップさせたい!」と題する特集を組んだ。 誌面によれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング