河野外相、腎盂腎炎と診断…発熱訴え公務中止

読売新聞 / 2019年3月22日 17時30分

外務省は22日、河野外相が 腎盂 ( じんう ) 腎炎と診断され、検査と治療を受けると発表した。河野氏は発熱などを訴え、20日から公務をすべて中止していた。23日の京都出張も取りやめる。河野氏の体調不良で20日の審議を見送った参院外交防衛委員会は22日、佐藤正久外務副大臣が代理で出席し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング