写真

画像はイメージ

受動喫煙など喫煙にまつわる諸問題が社会問題化している。全国的に喫煙者は減少の傾向にあるが、かつて多くの喫煙者がいたプロ野球界でも喫煙者は確実に減っている。その一方で、いまだ主力選手の中で喫煙者が存在することも確かで、巨人の原辰徳監督(60)が昨2018年10月の監督就任会見で、巨人の若き主砲・岡本和真内野手(22)に禁煙を勧めたことで岡本が喫煙者だということが判明した。プロスポーツ選手の喫煙者は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング