【ソフトバンク】球団が中村晃の自律神経失調症を発表 しばらくは自宅などで療養

スポーツ報知 / 2019年3月23日 11時21分

 ソフトバンクは、中村晃外野手(29)が23日までに、自律神経失調症と診断を受けていたことを発表した。 9日に右脇腹の張りを訴え、12日に福岡市内の病院で右腹斜筋筋挫傷の診断を受けた。開幕絶望となっていたが、同時に体調不良も訴えていた。しばらくは、自宅などで療養する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング