今季世界最高の323・42点で大会連覇のチェン「羽生選手と競争できることは光栄」

スポーツ報知 / 2019年3月23日 22時12分

◆フィギュアスケート世界選手権最終日(23日・さいたまスーパーアリーナ)男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で首位に立ったネーサン・チェン(米国)がフリー216・02点、合計323・42点の今季世界最高得点で大会連覇を果たした。冒頭に4回転ルッツ、続けて4回転フリップと高難度ジャンプを次々と着氷。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング