ソマリア首都で過激派が襲撃、労働副大臣ら死亡

読売新聞 / 2019年3月24日 21時47分

ロイター通信によると、東アフリカ・ソマリアの首都モガディシオで23日、武装集団が政府庁舎を襲撃し、労働副大臣を含む少なくとも10人が死亡した。国際テロ組織「アル・カーイダ」系のイスラム過激派組織「アル・シャバブ」が犯行声明を出した。 武装集団は、労働省などが入った建物付近で爆発物を積んだ車両を爆発させた後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング