日本を代表する天文学者の一人で、日本が米ハワイ島に建設した大型望遠鏡「すばる」の計画などを率いた国立天文台名誉教授の海部宣男氏が13日、 膵臓 ( すいぞう ) がんで死去した。75歳だった。告別式は近親者で済ませた。後日、お別れの会を開く予定。 新潟県出身。東京大助手、東大助教授、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング