【阪神】矢野監督、4点リードでも鬼采配 怠慢プレーの木浪を懲罰交代「やることをやらない選手は使いたくない」

スポーツ報知 / 2019年4月19日 9時50分

◆ヤクルト3―13阪神(18日・神宮)阪神・矢野監督が、鬼采配で大勝につなげた。4点リードの3回1死一、三塁。木浪に代えて上本を打席に送った。犠飛でリードを広げて大きな1点になったが、試合後、ゲーム序盤での交代を指揮官は冷静に説明した。「まあ俺、やることやらん選手とか、あきらめるような選手使いたくないから。まああそこで(木浪が)前の打席三振しても走らないというところは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング