尾美としのり、恩師・大林宣彦監督との23年間の絶縁状態を初告白…理由を知り涙

スポーツ報知 / 2019年4月19日 20時31分

俳優の尾美としのり(53)が19日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」(金曜・後7時)に出演し、恩師の映画監督・大林宣彦氏(81)と23年間も絶縁関係にあったことを初告白した。尾美は幼稚園のころから子役として活躍していたが、1982年、16歳で大林監督の映画「転校生」の主役に抜てきされた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング