両手に手錠のまま、少年5時間逃走も最後は出頭

読売新聞 / 2019年4月21日 19時19分

栃木県警足利署は21日、道交法違反容疑で現行犯逮捕した足利市の自称土木作業員の少年(17)が一時逃走したと発表した。少年は両手に手錠をつけたまま、約5時間後に同署に出頭したため、改めて逮捕された。 発表によると、少年は21日午前0時15分頃、栃木県足利市朝倉町の国道をオートバイで走行中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング