漁船に乗って1時間、最後の1議席のくじ引きへ

読売新聞 / 2019年4月22日 7時13分

鹿児島県三島村議選の開票では、最後の1議席でいずれも現職の下村喜久子氏(67)と谷口伸二氏(58)の得票がともに11票で並んだ。村選管は公選法に基づき、硫黄島の開票所でくじ引きを実施。この結果、谷口氏の当選が決まった。 2人は、開票作業が行われた硫黄島から西に約30キロ離れた黒島に住んでいるため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング