二塁塁審の確認遅れ問題、「よそ見」ではなかった… 21日中日・ヤクルト戦

スポーツ報知 / 2019年4月23日 13時8分

21日の中日・ヤクルト戦(ナゴヤD)での二塁塁審の判定を巡る問題で、二塁塁審が当該プレーの瞬間に一塁方向を見ていた理由は、打球判定を巡って一塁塁審の方向を見ていたことが分かった。問題の場面は5回1死二塁。定位置後方の二飛を捕球後、帰塁が遅れた二塁走者を刺そうと二塁へ送球。その瞬間、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング