常識をぶち破る最先端の指導で金メダル…小出監督という指導者

スポーツ報知 / 2019年4月24日 12時48分

2000年シドニー五輪に向け、高橋尚子は米コロラド州ウィンターパークの標高3500メートルの地で走り込んだ。当時、高地トレーニングは標高1600メートル前後が最適とされ、2000メートルを超えた場所では逆効果になるとも言われていた。「無謀」との声も聞こえてきたが、小出監督は全く動じなかった。「世界一の練習をしなかったら、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング