京王観光の不正、動機は「東京に負けたくない」

読売新聞 / 2019年4月25日 14時14分

京王電鉄子会社の旅行会社「京王観光」の支店が、団体旅行で実際より少ない乗車料金をJRに支払う不正を行っていた問題で、同社は25日、大阪支店など3支店の計12人が関与し、不正に得た利益が約10年で約6000万円に上ると明らかにした。うち4人は計約230万円を私的に着服していた。同社は関与した社員に解雇を含む処分を行う。 同社によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング