【平成名勝負】ソフトバンク斉藤和巳の生き様

スポーツ報知 / 2019年4月26日 3時0分

◆2006年(平成18年)10月12日パ・リーグプレーオー第2ステージ第2戦(札幌D)ソフトバンク000000000=0日本ハム000000001x=1(ソ)●斉藤和―的場(日)〇八木―鶴岡斉藤和の慟哭(どうこく)は、耳に記憶されている。敗戦後のベンチ裏通路。違和感を感じるほど大きな鳴き声がロッカールームから聞こえてきた。最後は気力だけで腕を振っていたのだろう。「この肩でいいのなら、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング