ウクライナ東部住民、簡単に「露国籍」…反発強まる

読売新聞 / 2019年4月26日 16時58分

【ウラジオストク=工藤武人】ロシアのプーチン大統領が、親露派武装集団による実効支配が続くウクライナ東部で、一部住民のロシア国籍取得手続きを簡略化する大統領令に24日に署名し、ウクライナで反発が強まっている。ロシアには、ウクライナ大統領選で勝利したコメディー俳優のゼレンスキー氏を揺さぶる狙いもあるとみられる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング