右上腕負傷の白鵬、回復順調も実践復帰のめどは立たず

スポーツ報知 / 2019年4月26日 16時35分

大相撲の春場所千秋楽(3月24日)で右上腕を負傷した横綱・白鵬(34)=宮城野=が26日、東京・青梅市で行われた春巡業に参加し、土俵上で四股を踏むなど基礎運動で汗を流した。右上腕の筋肉の一部を断裂するけがの影響で、春巡業ではこれまで一度も相撲を取る稽古を行っていない。「まだ(腕を)伸ばしたときに違和感がある」と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング