【尾車親方の目】貴景勝「若気の至り」では片づけられない

スポーツ報知 / 2019年5月21日 8時0分

◆大相撲夏場所9日目(20日・両国国技館)高安は長い相撲になった。本来は攻撃相撲。立ち合いから相手を圧倒するのが武器でもある。妙義龍に苦戦した要因は腰が高い立ち合いにある。かつては横綱・白鵬をはじき飛ばしたかち上げが影を潜めている。腰が悪いことも明白だ。それでもなんとか3敗をキープ。大関としては千秋楽まで優勝争いをしなくてはならない。残り6日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング