写真

事故現場では、多くの人が手を合わせて犠牲者を追悼していた(2019年4月23日撮影)

東京・池袋で車が暴走し、母子2人が死亡した事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)が入院先から退院し、警察による任意の事情聴取を受けた。元高級官僚という経歴を念頭に「上級国民だから逮捕されないのか」といった疑問の声が以前からネット上であがっていたが、今回の各メディア報道で、警視庁は退院後も逮捕せずに在宅のまま捜査を続ける方針と伝えられたことを受け、疑問の声が再燃している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング