特定技能「外食」、347人合格…創設後初の発表

読売新聞 / 2019年5月21日 13時17分

4月に始まった外国人労働者の受け入れ拡大に伴い、新たに創設された在留資格「特定技能」の対象となる「外食」の技能試験の結果が21日、発表され、347人が合格した。合格率は75・4%だった。技能試験は4月、「外食」「宿泊」「介護」の3業種で実施されたが、合格者の発表は初めて。残る2業種でも週内に合格者が発表される見通し。 外食の技能試験は4月25、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング