バレー部コーチ、過去にも3件の体罰…市尼崎高

読売新聞 / 2019年5月21日 16時31分

兵庫県尼崎市立尼崎高校の男子バレーボール部で、コーチを務める男性臨時講師(28)が3年生部員に体罰を加え、けがを負わせた問題で、市と市教育委員会は21日、記者会見を開き、コーチと男性監督(51)が、過去にも計3件の体罰を行うなど部内で体罰が常態化していたとする報告書を公表した。 報告書では、コーチから体罰を受けた部員が脳しんとうなどを起こして意識を失った事実を、監督が 隠蔽 ( いんぺい ) していたと認定した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング