「トランプ砲」の威力を再認識 攻めた明大はプラス、國學大の躓き(FX大学対抗戦)

J-CAST会社ウォッチ / 2019年5月21日 17時0分

トランプ発言に、ドル円相場が揺れている。米中貿易協議に不透明感がくすぶるなか、2019年5月13日は1ドル=109円台前半まで下落。その後、中国が米国製品に25%の関税を課すとの報復措置を発表すると「円買い」が強まった。翌14日には、トランプ米大統領が中国との協議に前向きに発言したことでリスク回避の円買いが一服。ドル円相場は109円台後半まで値を戻した。一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング