内閣不信任案、石破氏は「粛々と否決する選択肢も…」

読売新聞 / 2019年5月22日 9時20分

自民党の石破茂・元幹事長は21日のBS―TBSの番組で、菅官房長官が野党による内閣不信任決議案の提出が衆院解散の「大義」になると述べたことに懐疑的な見方を示した。憲法69条で、内閣不信任案が可決されると内閣は10日以内に衆院を解散するか総辞職しなければならないと定められていることに触れ、「粛々と否決する選択肢だってある」と語った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング