父に首絞められ投げ飛ばされた小2、交番へ訴え

読売新聞 / 2019年5月23日 12時20分

小学2年の長男(7)を蹴るなどしてけがを負わせたとして、宮城県警泉署は21日、仙台市泉区の建設作業員の男(29)を傷害の疑いで逮捕した。 発表によると、男は12日午後7時~9時半頃、自宅で長男の首を絞めて投げ飛ばしたり、腹部を蹴ったりして、約2週間のけがを負わせた疑い。「暴行したことは間違いない」と容疑を認めているという。 同署によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング