平手打ち10回、部員けが「限りなく隠蔽に近い」

読売新聞 / 2019年5月22日 15時15分

強豪として知られる兵庫県尼崎市立尼崎高校の男子バレーボール部で、コーチの男性臨時講師(28)が部員に体罰を加えた問題で、市教育委員会は21日、男性監督(51)が、体罰で部員が負傷し、一時意識を失ったことを 隠蔽 ( いんぺい ) していたとする調査報告書を公表した。コーチの体罰が常態化し、監督による体罰も過去にあったとしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング