NHK朝ドラ「週6」から「週5」に――働き方改革で制作現場の負担軽減

J-CASTテレビウォッチ / 2019年5月22日 8時42分

NHKは連続テレビ小説(総合あさ8時)の放送を来年春の「エール」から、現在の月~土の週6回を月~金の週5回に減らすことを決めたという。朝日新聞が伝えている。徹夜や休日なしが日常的な制作現場の負担を軽減するためだ。土曜日はその週のダイジェスト版を放送する。NHKは大河ドラマも昨年(2018年)から年間50回の放送を47回にしたり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング