筧被告、軽い調子で「あの世でごめんねと言う」

読売新聞 / 2019年5月24日 15時19分

控訴審の判断も極刑だった。青酸化合物が使われた連続変死事件で、1審・京都地裁に続いて死刑を選択した24日の大阪高裁判決。 筧 ( かけひ ) 千佐子被告(72)は主文を告げられても、身じろぎ一つしなかった。被害者の遺族や友人らは改めて悔しさをにじませた。 被告は今月9日、大阪拘置所(大阪市都島区)で面会取材に応じ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング