日本でも、MMTへの注目が高まる背景

J-CASTニュース / 2019年5月25日 21時0分

「財政赤字は問題ない」という米国生まれの新理論が話題になっている。「ModernMonetaryTheory」、略称「MMT」といい、日本語では「現代金融理論」「現代貨幣理論」などと訳される。同理論提唱者の米学者が日本のアベノミクスが実例だと主張し、国内でも論争に発展している。その背景とは。 米サンダース氏のブレーンが提唱 MMTは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング