貴景勝 回復順調もカド番名古屋へ焦らず調整「まだまだ相撲人生が自分にはある」

スポーツ報知 / 2019年6月12日 18時41分

大相撲の夏場所を右膝の負傷で途中休場した大関・貴景勝(22)=千賀ノ浦=が12日、東京・台東区の同部屋で稽古を再開した。夏場所9日目(20日)に再休場して以来、まわしをつけて土俵に下りたのはこの日が初めて。四股やスクワット、テッポウなどで約30分間、汗を流した。夏場所4日目の御嶽海(出羽海)戦で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング