写真

安定的な皇位継承の検討は喫緊の課題だ(写真は2019年5月の一般参賀)

参院選を控え、安定的な皇位継承のあり方をめぐる各党の考え方の違いが鮮明になってきた。立憲民主党は「女性天皇」と、父方に天皇のルーツを持たない「女系天皇」の両方を認めるべきだとする論点整理を公表。これに対して、国民民主党は「女性天皇」には前向きだが、「女系天皇」には慎重な立場だ。野党の間でも考え方は割れている。 特例法付帯決議では「施行後速やかに検討」求める 皇位継承をめぐっては、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング