写真

報告書受理を拒否した麻生太郎金融担当相(2007年撮影)

夫婦の老後資金に「2000万円が必要」とする試算を盛り込んだ金融庁の報告書をめぐる問題は2019年6月11日、麻生太郎金融担当相が報告書の受け取りを拒否する異常事態に発展した。本当に2000万円がないと老後は安心できないのだろうか。いったい何が問題なのか、12日付の主要新聞朝刊の報道から読み解くと――。 「人生100年設定の画期的計算」と豪語していた麻生氏 今回の問題をざっとおさらいしておこう。金融庁の報告書「高齢社会における資産形成・管理」は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング