特急運転士、高1は「ホームから飛び降りてきた」

読売新聞 / 2019年6月16日 13時38分

13日午後9時30分頃、兵庫県姫路市東延末の山陽電鉄手柄駅で、同県高砂市に住む県立高1年の男子生徒(15)が、同駅を通過する途中だった山陽姫路発梅田行き特急(6両)にはねられて死亡した。飾磨署の発表によると、電車の運転士は「(男子生徒が)ホームの方から飛び降りてきた」と話しているといい、同署が原因を調べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング