蹴ったり悪口、いじめと認定…小6女児不登校

読売新聞 / 2019年6月17日 7時30分

大阪府八尾市立小6年の女児(11)が、同級生の男児から受けた暴行などで心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され不登校になっている問題で、市教育委員会の第三者委員会は、同級生らの行為をいじめと認定した。学校側については「女児に寄り添った対応ができていなかった」などと批判した。 報告書は6日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング