多数の防犯カメラ映像、「リレー方式」で解析

読売新聞 / 2019年6月17日 18時25分

飯森容疑者の逮捕に大きな効果を発揮したのは、コンビニ店や住宅街に設置された多数の防犯カメラだ。大阪府警は、周辺の防犯カメラを順番にたどる「リレー方式」で解析し、逃走先を絞り込んだ。 リレー方式は、事件関係者の服装や人相などの特徴を把握し、移動先の映像を次々とつなげて足取りをつかむ捜査手法。これを活用して犯人の特定に至ったケースは多い。今年2月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング