跳躍種目84年ぶりメダルへ!戸辺直人、歴史を刻む6歩

スポーツ報知 / 2019年6月18日 10時0分

陸上男子走り高跳びで日本記録保持者の戸辺直人(27)=JAL=がスポーツ報知の単独インタビューに応じ、自身の五輪観と競技の魅力を語った。陸上跳躍種目で五輪表彰台なら、男子三段跳び金など5個のメダルが出た1936年ベルリン大会以来84年ぶり。走り高跳びでは史上初の快挙となる。16年リオ五輪男子400メートルリレー銀メダルの飯塚翔太(27)=ミズノ=らタレントがそろう「10年世界ジュニア世代」の中心選手が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング