入院、外出許可で試合…何度も見てきた登坂絵莉の涙と苦労と強さ

スポーツ報知 / 2019年6月18日 10時0分

登坂絵莉の涙は何度も見てきた。16日の全日本選抜選手権決勝で須崎優衣に敗れ、東京五輪につながる世界選手権代表入りが消えた。「本当に自分の人生の中で一番つらい3年間だった。もうやめたいと思うことばかりだった」。体を震わせ嗚咽(おえつ)を漏らす姿に、これまでの苦悩が重なった。金メダリストになったリオデジャネイロ五輪以降は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング