女子中学生2人殺害し出所後わいせつ、刑期終えわいせつ致傷…高裁も懲役7年

読売新聞 / 2019年6月18日 18時32分

長崎市で昨年6月、小学生の女児(当時7歳)にわいせつな行為をし、けがをさせたなどとして、強制わいせつ致傷罪などに問われた無職寺本隆志被告(66)の控訴審判決が18日、福岡高裁であった。野島秀夫裁判長は、懲役7年(求刑・懲役8年)とした1審・長崎地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング