大阪府吹田市の交番で巡査が刺されて拳銃が奪われた事件で、強盗殺人未遂容疑で逮捕された飯森裕次郎容疑者(33)=東京都品川区=の犯行前後の行動が明らかになってきた。拳銃を奪うまでの緻密さと、その後の行動のずさんさの落差が激しく、「犯行前と後とでは別人のようだ」と専門家も言う。まず犯行場所だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング