グラブ叩きつけで物議の中日・京田 「この熱さが必要」と擁護も

J-CASTニュース / 2019年6月24日 21時0分

2019年の交流戦は劇的な逆転ゲームが多かった。中でも、最も野球ファンの印象に残った試合は6月16日のロッテ-中日戦(ZOZOマリン)ではないだろうか。中日が7―2と5点リードの9回にドラマは待っていた。ロッテが5本の長短打で6点を奪ってサヨナラ逆転勝利。鈴木大地がバットを折りながらも一、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング