「大船渡の怪物」高校最後の夏へ…中学恩師が語った4つの“佐々木伝説”

スポーツ報知 / 2019年6月26日 8時0分

最速163キロを誇る今秋ドラフトの超目玉、大船渡・佐々木朗希投手(3年)の恩師で、大船渡一中の1、2年時に野球部顧問として指導した萬(よろず)英一教諭(59)がこのほど、スポーツ報知の取材に応じた。萬教諭は中学時代に数々の伝説を残した佐々木の逸話を披露。最後の夏を迎える教え子にエールを送った。岩手大会の組み合わせ抽選は26日に行われる。「まじめでとにかく野球が好き。野球のために自分は生きてるというタイプ。線が細かったんですよ。170センチぐらいで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング