写真

名良橋晃氏

サッカー日本代表は南米選手権(コパ・アメリカ)グループリーグ(GL)第3戦でエクアドル代表と1-1で引き分け、大会を去ることが決まったが、確かな「収穫」もあった。特にチーム最年少のMF久保建英(18)は攻撃の主軸の1人として躍動し、その実力を世界に知らしめている。 久保の活躍の要因はどこにあったのか。今大会は東京五輪世代(現U-22)中心のメンバーで挑んだが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング