上司から「バカ」「クズ」…労働相談25%はパワハラ

読売新聞 / 2019年6月27日 7時52分

厚生労働省は26日、昨年度に全国の労働局などに寄せられた労働相談の件数を発表した。パワーハラスメントなどの「いじめ・嫌がらせ」の相談が8万2797件と全体の25・6%を占め、過去最多を更新した。 発表によると、制度の問い合わせなどを除く労働相談全体では32万3481件。2番目に多かったのは「自己都合退職」に関する相談で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング