写真

画像はイメージです

業績不振が続く液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)だが、ようやく資金調達への道のりが見えてきた。2019年7月12日、中国ファンド「嘉実基金(ハーベスト・テック)」から不足していた100億円超について調達のめどが立ったとの連絡があったと発表した。6月末までに香港の投資ファンドからの出資を取り付けており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング