福島副党首、正念場「社民党の灯を残したい」政党存亡ライン「2%」突破微妙

スポーツ報知 / 2019年7月17日 8時13分

第25回参院選(21日投開票)で、社民党(衆院2、参院2)は存亡を懸けた崖っ縁の戦いを強いられている。戦後長らく野党第1党の座にあった旧社会党の結党から74年。今選挙の比例で有効得票総数の2%、あるいは公認候補2人以上が当選しないと政党要件を満たせず、政治団体に転落する。福島瑞穂副党首(63)は「生き残りたいし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング